S&P 500とは

ASTERISKです。

S&P 500Standard & Poor’s 500 Stock Index
とは一体何なのか、またどういった指数で選択されているのか調べてみました。

*S&P500とは

アメリカの代表的株価指数。ニューヨーク証券取引所やNASDAQ【ナスダック】等に上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出されます。

本指数はアメリカ合衆国企業の株価指数であることを意図しており、上記の証券取引所の上場銘柄であっても、アメリカ企業でないと判断された銘柄は本指数の対象外となります。

S&Pの株価指数は、ほかにも

  • S&P 500 – 大型株500銘柄で構成。
  • S&P 100 – S&P 500中、時価総額の特に大きい、超大型株100銘柄で構成。
  • S&P 400 – 中型株400銘柄で構成。
  • S&P 600 – 小型株600銘柄で構成。
  • S&P 1500 – 大型株・中型株・小型株の合計1500銘柄で構成。

と上記がありますが、特にS&P 500が有名で、機関投資家の運用実績を測定するベンチマークとして利用されています。

左記は過去10年間のS&P500の指数の推移を示したものになります。

順調に伸びてきています。

見てわかりますが所々、伸び悩んでるところもあります。完璧だということではないというのがわかります。

しかしマイナスをもなかったかのように上昇していますので、すごい銘柄ばっかりなのだと考えられます。

S&Pを今引っ張っているのは間違いなく
GAFAM

  • G・・・Google
  • A・・・Apple
  • F・・・Facebook
  • A・・・Amazon
  • M・・・Microsoft

があります。日本人でも何度も耳にしたことがあると思いますし、また、お世話になっている方も多くいると思います。

*S&P500の選考基準
ではS&P500がどういった基準で先行されているか確認していきましょう。

簡単に言うと、時価総額計算で決まります。

  • 時価総額:時価総額が61億ドル以上あること。
  • 流動性:評価日までの各半期における売買高が最低 25万株あること。
  • 本拠地:米国企業であること。
  • 浮動株:最低 50%が浮動株であること。
  • セクター分類:セクター間のバランスの維持
  • 財務健全性:直近の四半期および直近の連続4四半期で利益が黒字であること。
  • IPO:最低でも上場から12か月後になってから検討。

競争率の激しいアメリカで、上記の条件をクリアできた企業が晴れてS&P500に入ることができます。

全てが成長株ではないということで、除外されることもあります。
その条件は
・著しく上記の条件を低下してしまったもの。
・吸収・合併もしくは大規模な再編。

となっています。そこまで入れ替わりが激しくないといわれていますが、今回のコロナの影響で、今後入れ替わる可能性がありえます。

あくまで噂ですが、TESLAがついに参入されるとか。

今後の動きは注目ですね。

投稿者: ASTERISK

30代投資歴1年目/日本株🇯🇵アメリカ株🇺🇸積立NISAで🔥🔥/資産運用の勉強・投資のあれこれ・お金の増やし方をブログで配信/結婚生活3年目/皆さんにとって有益な情報を送ります!宜しくお願いします🤲 (*)のように輝きたい・プログラミング上ではかけ算で使われるように、倍々で成長していきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。