ROAとは

ROA【Return On Assets】総資産利益率 と言います。
総資産に対してどれだけの利益が生み出されたのかを示します。
財務分析の収益性の指標です。純資産【自己資本】、負債【他人資本】を含めた、すべての資本をいかに効率的に運用できているかを表す情報とも言えます。

ROAの計算方法

ROA(%) = 当期純利益 ÷ 総資産 × 100

ROA 総資産利益率

企業が総資産をいかにうまく使って利益を生み出しているかがわかります。ROAが表しているのは、資金の出どころが自己資本か他人資本かを問わず、企業が資産をどれだけ効率的に運用できているかということです。

ROA 総資産利益率の目安

一般的に、5%を超えていると優良企業でであるとされています。

ROA 総資産利益率の注意点

ROAの数値が高くても優良企業だと思い込まないようにしましょう。
自己資本がほとんどなく、多額の負債を使って利益を生み出していても、効率よく利益を生み出していればROAは高くなります。
負債比率や、流動性資産比率等を確認しましょう。

こちらは株探https://kabutan.jpという株検索サイトになります。
決算を開き、収益性をクリックし、ROAを確認できます。

他にもこれから投稿していこうと思います。

何か不明点・気づき・気になった事がありましたら、
気軽に相談ください。

以上

投稿者: ASTERISK

30代投資歴1年目/日本株🇯🇵アメリカ株🇺🇸積立NISAで🔥🔥/資産運用の勉強・投資のあれこれ・お金の増やし方をブログで配信/結婚生活3年目/皆さんにとって有益な情報を送ります!宜しくお願いします🤲 (*)のように輝きたい・プログラミング上ではかけ算で使われるように、倍々で成長していきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。