粗利益とは

広告

粗利益売上総利益【 gross margin】と言います。
売上高から売上原価を差し引いたもの。収益性分析の指標でとなります。

粗利益の計算方法

粗利益 =売上 - 原価

粗利益率の計算方法

粗利益率(%)=(売上高 - 売上原価) ÷ 売上高 × 100

もしくは

粗利益率(%)=売上総利益 ÷ 売上高 × 100

を利用し計算する。

例えば
1500万円で仕入れた宝石を2000万円で売ります。
そうすると粗利益は

500万【粗利益】=3000万【売上】-1500万【原価】

が成り立ち、
粗利益率(%)

25(%)【粗利益率】=(2000-1500)÷2000×100

となります。

粗利益【売上総利益】
この数値が高ければ高いほど収益性に優れていると判断されます。
しかし、業種や分野で様々ですので、前月比・前年比で確認することが必要です。

なぜ粗利が重要か
・粗利が高いと
・利益率が高くなる
・原価に対する収益性が高くなるので、
粗利が、最後の最後に残る利益にとって重要になります。

いままで気づかなかった部分もみえてきますので、

粗利を指標にし、企業分析にすることは、
その企業の中身を深掘りしていく一つの手段となります。

参考にしてみてください。

他にもこれから投稿していこうと思います。

何か不明点・気づき・気になった事がありましたら、
気軽に相談ください。

以上

投稿者: ASTERISK

30代投資歴1年目/日本株🇯🇵アメリカ株🇺🇸積立NISAで🔥🔥/資産運用の勉強・投資のあれこれ・お金の増やし方をブログで配信/結婚生活3年目/皆さんにとって有益な情報を送ります!宜しくお願いします🤲 (*)のように輝きたい・プログラミング上ではかけ算で使われるように、倍々で成長していきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。